日経ITプロフェッショナル 2005/01号

CATCH THE TREND 製品・技術
Webサービスの信頼性を高めるソフトを無償公開

富士通,日立製作所,NECの3社は,Webサービスでやり取りするメッセージの信頼性を高めるための仕様「WS−Reliability」を実装したミドルウエアをオープンソース化し,11月26日に無償公開した(http://businessgrid.ipa.go.jp/rm4gs/)。SOAPメッセージの配送保証,重複配送の防止,配送順序の保証といった機能を実現する。(139ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:264文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > その他(サーバーアプリケーション)
情報システム > システム設計・開発 > Webサービス
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > Webサービス
【記事に登場する企業】
NEC
日立製作所
富士通
update:19/09/25