日経ドラッグインフォメーション 2005/01号

薬局のための法律講座
調剤事故と損害賠償額
漫画 谷口 敬 原案  日経ドラッグインフォメーション編集部

 調剤過誤がもとで患者に健康被害が生じた場合、薬局に賠償責任が生じることは、本コラムで何度か触れてきた(本誌2004年1月号44〜45ページほか)。では一体、賠償額としてはどれだけ支払うことになるのか、すなわち損害賠償の算定はいかに行われるのか。今回はその点について解説したい。(44〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27