日経パソコン 2005/01/10号

ニュース・トレンド
導入が進むWebサイト内の検索サービス
ユーザーの利便性向上に加え、ニーズを知る重要なツールとして認知

最近、「サイト内検索」機能を備えたWebサイトが増えている。これはサイト内に設置する検索機能で、ヤフーやGoogleなどインターネット全般を検索するサービスとは異なり、サイト内のコンテンツだけを探す機能だ。 旅行会社大手の阪急交通社は、2004年11月にニューズウォッチが提供する有料のサイト内検索「サイトナビ」を導入した。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1731文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ニュース・情報配信 > 検索サービス
update:18/07/31