日経情報ストラテジー 2005/03号

特集1 1年後の成果を問う トヨタ流企業改革
1年後の成果を問う トヨタ流企業 改革

トヨタグループを手本にした改善活動を1年間続けると、企業はどこまで変われるのか。本誌は1年前の2004年3月号で「トヨタ流企業改革」を特集した。そのとき取材した伊藤ハムや富士通などを1年後のいま再び訪ね、トヨタ流企業改革の成果を検証した。2004年に新たに改革を始めた企業にも話を聞いたが、取材した8社からは目に見える改善効果が確認できた。(30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:305文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 1年後の成果を問う トヨタ流企業改革(30ページ掲載)
1年後の成果を問う トヨタ流企業 改革
特集1 1年後の成果を問う トヨタ流企業改革 伊藤ハム、ニッカウヰスキー、富士通、トヨ(32〜43ページ掲載)
半期で12億円のコスト削減 作業員の生産性向上で赤字商品が黒字化
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24