日経情報ストラテジー 2005/03号

最新事例で学ぶIT経営手法シリーズ バリ 松下電器産業
取引先巻き込んで 部品の有害物質を完全排除
松下電器産業

 来年7月、欧州で6種類の有害物質を含んだ家電製品の販売を禁止する「RoHS(ロス)指令」が施行される。家電製品で、一般的に使われている物質であるため、すべての部品を詳細に調査しなければ完全には防げない。実現には、取引先を巻き込んで一元管理する仕組みが欠かせない。 RoHS指令に対応するため、松下電器産業は有害物質を管理するための新システムを稼働させた。(72〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5739文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(車・機械)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/24