日経NETWORK 2005/02号

ビギナーズ・クラブ イラストでいちから学ぶ 新・初級ネットワ ヘッダーから理解するプロトコルの機能《全
応答時間を計測しながら再送 効率を上げるための工夫あり
ヘッダーから理解するプロトコルの機能 《全6回》 第5回.確実にデータを送る

静岡大学工学部システム工学科助教授。現在の研究分野はモバイル環境のネットワーク・アーキテクチャや災害情報ネットワークなど。 前回は,TCP(transmission control protocol)がコネクションを利用して,IPの弱点を補い,通信を管理するしくみを説明しました。今回は,TCPが確実に相手へデータを届けるための再送制御のしくみについて詳しく見ていきましょう。(106〜109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3724文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
update:19/09/26