日経コンストラクション 2005/01/28号

IT短信 シミュレーション
新潟豪雨災害の現象を再現

 2004年7月13日の新潟豪雨によって起きた刈谷田川流域の被害を国土交通省は12月24日,コンピューターで再現したと発表した。 堤防が決壊したときに川からあふれ出した水がどのように広がっていくかを,二つの技術を活用してシミュレーションした。一つは,はんらん流の挙動を高い精度で予測できる「FDS(流束差分離)法」。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:489文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/26