日経コンストラクション 2005/01/28号

ズームアップ 大将軍橋撤去工事(兵庫県)
大将軍橋撤去工事(兵庫県) 15径間の床版を1カ月で解体

油圧ジャッキを装備した自走式のリフターで一つの径間の床版をそのまま吊り上げ,解体用架台の上に運んで解体する。新幹線が走る高架の下を通る道路橋を撤去する工事だ。道路橋の下には在来の鉄道が走っており,作業条件は厳しい。15径間分の鉄筋コンクリート製の床版を1カ月で撤去した。自走式リフターを使用して床版を撤去したのは全国で初めてだ。(32〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3070文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/26