日経コンストラクション 2005/01/28号

特集 土木技術者の寿命
ベテラン社員やOBをどう生かす
再雇用と人材派遣で退職者を起用 技術力を維持する仕組みも必要に

 建設会社や建設コンサルタント会社で,ベテランの技術力やノウハウを定年後も活用しようという動きが目立ってきた。 特に大手建設会社では,1947〜49年に生まれた団塊の世代の割合が高い。2007年から団塊の世代が60歳の定年を迎える。この下に続く40歳代の社員が手薄なだけに,ベテランの活用は大きな課題だ。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1846文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 土木技術者の寿命(38〜39ページ掲載)
土木技術者の寿命
特集 土木技術者の寿命(40〜42ページ掲載)
新たな技術者像を模索
特集 土木技術者の寿命(43〜46ページ掲載)
組織内で領域拡大
特集 土木技術者の寿命(47〜49ページ掲載)
企業が求める技術者像
特集 土木技術者の寿命(50〜53ページ掲載)
老いてこそ土木
特集 土木技術者の寿命(54〜55ページ掲載)
キャリアの活用
特集 土木技術者の寿命(56〜57ページ掲載)
社会に貢献
特集 土木技術者の寿命(58〜59ページ掲載)
ベテラン社員やOBをどう生かす
特集 土木技術者の寿命(60〜62ページ掲載)
寿命を延ばすキャリア設計
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/26