日経コミュニケーション 2005/02/01号

特集2 運用期こそ警戒を!IP電話に潜むワナ
運用期こそ警戒を! IP電話に潜むワナ 現場が明かす14のトラブル
特集2

 IP電話への移行が順調に済み,安定運用に入ったとしても全く油断はできない。IP電話のトラブルはある日突然やってくるからだ。しかもトラブル発生後,数カ月も悩まされ続けるユーザーすらいる。 IP電話の導入形態は大きく分けて2種類ある。通信事業者のIPセントレックス・サービスなどを使う場合と,ユーザーが自営で内線電話網をIP化する場合だ。(54〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:16379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ネット利用の電話機能 > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > トラブル(通信・ネットワーク・放送) > 企業ネットワークのトラブル
update:19/09/26