日経コミュニケーション 2005/02/01号

実践e−Japan 追跡・政府プロジェクト 総務省による電子申請の“窓口”統合
総務省による電子申請の“窓口”統合 省庁ごとにバラバラな動作環境を共通化
追跡・政府プロジェクト

 電子申請は行政機関への申請や届け出を電子化し,自宅や会社から手続きできるサービス。だが現行システムの使い勝手が悪いため,ユーザー・インタフェースの刷新などシステムの一部で作り替えが必要な事態になっている。 電子申請は,特許出願や輸出入手続きなど利用数の多い申請業務を切り出した「専用システム」と,それ以外の手続きを扱う「汎用システム」に分かれる。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1270文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
情報システム > 電子政府 > 電子申請*
update:19/09/26