日経コミュニケーション 2005/02/01号

編集長インタビュー 黒澤保樹 シスコシステムズ社長兼米シスコ
品質,反応が悪かったことは事実 今後は日本を見ながら製品を開発
黒澤  保樹 シスコシステムズ 社長兼 米シスコシステムズ上級副社長

昨年12月に富士通と電撃提携し,日本の通信事業者へのハイエンド製品納入の橋頭堡を築いたシスコシステムズ。同社は世界最大・最強の通信機器メーカーだが,通信事業者やシステム・インテグレータからは今でも「信頼性や質問へのレスポンスが今ひとつ」との声が聞かれる。黒澤社長に今後の対応と戦略を聞く。(91〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4423文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
シスコシステムズ
米シスコシステムズ社
update:19/09/26