日経レストラン 2005/03号

情報キッチン
安さの先頭走る大衆食堂 仙台から全国制覇に挑む
「半田屋」代表取締役・半田 英俊氏

デフレの脅威が飲食市場全体を覆っていた時代、ハンバーガーや牛丼を先頭に多くの店が安さを競い合った。だが、消耗戦の末の戦線離脱が続出、今や安さがもたらす集客効果は失われたとさえいわれる。(68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:966文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
半田屋
update:19/09/27