日経NETWORK 2005/03号

セキュリティ対策の要点 最終回
Webページ公開にまつわる セキュリティ・リスクと対策
—— 改ざん,情報漏えい,踏み台に注意 ——

不正侵入によるWebページ改ざん,個人情報や重要情報の漏えい,スパム・メール中継の踏み台など,企業がWebページを公開するときには考慮しなければならないリスクがある。今号は,こうしたWebページ公開にまつわるリスクと対策を見ていこう。(143〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7544文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > Webサイト改ざん
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/26