日経コンストラクション 2005/02/25号

土木の明日を読む 防災
被災構造物を初めて公開
防災 阪神高速道路公団の市民見学会

せん断破壊したRC(鉄筋コンクリート)製の橋脚,支承がめり込んで変形した鋼製桁,大破した支承——。見学に訪れた市民から驚きの声が上がる。これらは,1995年の阪神大震災で被災した阪神高速道路の構造物だ。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1331文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
阪神高速道路
update:19/09/26