日経コンストラクション 2005/02/25号

事例研究 市民参加で公共事業費を調達
[市民から直接資金を引き出すコツ]
満足感を与える仕組みづくりが不可欠

ここまで,住民など民間から資金を調達する手法について,代表的な三つの取り組みを概観してきた。資金を出す側と調達する側,それぞれのメリットは下の図のように整理できる。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26