日経コミュニケーション 2005/03/01号

編集長インタビュー 和田宏行 アラクサラネットワークス社長
品質追及は日立とNECの遺伝子 まずは市場の3位入りを目指す
和田  宏行 アラクサラネットワークス社長

アラクサラネットワークスは,日立製作所とNECが2004年10月に合弁で設立した新会社。シスコシステムズなど外資系メーカーが主導する大規模ルーターとスイッチ分野で,国産の強みを発揮しようと画策中だ。(99〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4360文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
アラクサラネットワークス
NEC
シスコシステムズ
日立製作所
update:19/09/26