日経コミュニケーション 2005/03/15号

リポート
GMPLS導入“世界初”競う通信事業者 NTTコム,KDDIが導入間近,信頼性向上やコスト減に期待

NTTコミュニケーションズとKDDIが早ければ2005年,遅くとも2006年にGMPLSを商用のサービス網に導入することが,本誌の調べで明らかになった。技術的な課題が残されているものの,導入が実現すれば信頼性の向上や「波長VPN」などの新サービス投入につながる。 光ネットワークの制御技術「GMPLS」(generalized multiprotocol label switching)がいよいよ実用化に近付いてきた。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
【記事に登場する企業】
NTTコミュニケーションズ
KDDI
update:19/09/26