日経コミュニケーション 2005/03/15号

実践e−Japan 先進自治体を追う 愛媛県内子町(旧五十崎町)
愛媛県内子町(旧五十崎町) 住民が山間部に総延長1kmのメタル線を敷設
先進自治体を追う

 地方自治体がデジタル・デバイド対策に乗り出すなか,地域住民が自らの手でメタル回線の敷設工事をした町がある。愛媛県喜多郡内子町だ。 松山市の西に位置し,車で1時間ほどの距離にある自然豊かな内子町は,2005年1月1日に旧内子町,旧五十崎(いかざき)町,旧小田町の3町が合併したばかり。今回紹介するのは,旧五十崎町の取り組みだ。(66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1354文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > xDSL接続サービス*
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > xDSL接続サービス*
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26