日経コンストラクション 2005/04/08号

インフラの評判 小倉都心地区・バリアフリーのまちづくり(
車いす利用者も外出しやすい街に
小倉都心地区・バリアフリーのまちづくり(北九州市)

北九州市は1997年からバリアフリーに配慮したまちづくりを開始。その皮切りとしてJR小倉駅周辺の約150haを整備した。2000年の整備完了から5年,「車いす利用者を受け入れるようになった」という声が聞かれるなど,市民の意識は向上している。 車いす利用者にとっては歩車道に段差がない方が移動しやすいが,視覚障害者にとっては段差がある程度あった方が目安となって歩きやすい。(74〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3148文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26