日経ドラッグインフォメーション 2005/04号

OTCゼミナール
育毛・発毛剤 講師●泉澤 恵(東京薬科大学薬学部講師)
頭髪の状態を見極め商品選択 ヘアサイクルに着目して有効成分を使い分ける

 育毛・発毛剤は、効能・効果が「脱毛の防止および育毛」に限定された医薬部外品と、「壮年性脱毛症」「円形脱毛症」などの疾患の治療薬としての効能・効果も併せ持つ医薬品に大きく分かれる。前者は毛乳頭細胞賦活剤(ペンタデカン、アデノシン)、頭皮殺菌剤(ヒノキチオール)、脂質除去剤(カシュウ)などを主成分とし、後者は血管拡張剤(塩化カルプロニウム、ミノキシジル)など…(55〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3737文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品
update:19/09/27