日経レストラン 2005/06号

特集1 1
流行の先端をゆく老舗レストラン Fujiya(スペイン料理店) 創業 昭和十年 七○年経営
店の名が残れば業態は変わってもいい 跡継ぎを支えるのが私の役目 (3代目当主 藤原千也氏)

 店を何代にもわたって長続きさせていく上では、世代交代を成功させることが大前提。時には、代々守ってきた料理や業態を後継者が否定し、自分のやり方を貫きたいと主張することもあるかもしれない。そうした場合に、経営者はどう判断し、どう行動するべきか。その1つの答えを示しているのが、大阪市中央区のスペイン料理店「Fujiya」のケースである。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4608文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
【記事に登場する企業】
Fujiya
update:19/09/27