日経レストラン 2005/06号

情報キッチン 2
外食でもいよいよ導入へ食材の「原産地表示」まずはチェーンから?

 東京の下町で、江戸前情緒たっぷりの「深川めし」の看板に誘われ、入った店のメニュー表を見れば、「深川めし(北朝鮮産アサリ使用)」——。飲食店を経営する読者の皆さんは、「何も、ここまで書かなくても……」と思われるだろうか? 実は、これがそう遠くないうちに、現実となるかもしれない。(69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2001文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
update:19/09/27