日経コンストラクション 2005/05/13号

例題で学ぶコンクリート診断 第4回
第4回●再劣化したPC橋
補修したのに劣化した橋の対策は?

 いまから40年ほど前に建設されたA橋は,海岸線から約150m離れた場所にあるPC(プレストレストコンクリート)ポストテンション方式のT桁橋だ。 A橋では,15年前に補修工事を行っていた。点検した際,下フランジのコンクリートにひび割れとさび汁が見つかったからだ。管理者は,塩害による劣化と判断。劣化した部分のコンクリートを撤去して断面修復した。(57〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3365文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
update:19/09/26