日経コミュニケーション 2005/05/15号

リポート
電話の赤字地域への補てん制度が発動へ 毎月のユーザー料金に上乗せ,一部地域は基本料金を値上げ?

固定電話を全国あまねく提供するため「ユニバーサル・サービス基金」が2006年度から発動することがほぼ確実となった。ユーザーは毎月の通話料金に加えて,過疎地の電話サービスのコストを負担することになる。過疎地に比べて高い電話料金を支払っている都市部ユーザーの反発を招く可能性もある。(56〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2787文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > 固定電話サービス
【記事に登場する企業】
NTT西日本
NTT東日本
update:19/09/26