日経コミュニケーション 2005/05/15号

ニュース・ウォッチング ブロードバント/テレコム
NTT以外の光ファイバ敷設 総務省が「推進」へと政策転換

 情報通信審議会は4月26日,NTT東西地域会社と他事業者との接続契約の課題について議論した。注目は,東西NTT以外の事業者が光ファイバを自前で敷設する政策を初めて具体化したこと。 対象となるのは,最寄りの電柱からユーザー宅内までの引込み用光ファイバ。伝送速度1Gビット/秒の光回線を複数ユーザーで共有する「GE−PON」への適用を想定している。(62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > 光回線接続サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > 光回線接続サービス*
【記事に登場する企業】
情報通信審議会
update:19/09/26