日経コミュニケーション 2005/05/15号

実践e−Japan 先進自治体を追う 神奈川県厚木市
神奈川県厚木市 「電子市役所」を宣言,ICカードでセキュリティ確保
先進自治体を追う

 1955年2月,厚木市は神奈川県下13番目の市として誕生した。それから50年たった2005年2月1日,同市は「電子市役所」を宣言。この日に向けて取り組んできた,市政や公共施設のIT化を推進する具体策「アクションプラン50」が花開いた瞬間だった。事務処理の電子化で申請期間も短縮 電子市役所の中核となるシステムは,厚木市が2億円を投じて構築した「総合行政情報システム」。(66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1249文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
情報システム > RFID(ICタグなど) > スマートカード(ICカード)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26