日経NETWORK 2005/06号

とれんどウォッチ データ消去
フロッピ要らずのオンライン・サービス データを消去した証拠も自動的に残せる
データ消去

 廃棄したパソコンから情報が漏れるのを防ぐため,専用の消去ソフトを使ってハードディスクのデータが読み出せないように完全に消去するのは,今や常識となっている。そのような消去作業は従来,フロッピ・ディスクなどの外部メディアに消去ソフトを入れ,人手で施していた。 こうした面倒な作業をネットワークを使って簡単にするオンライン・サービスが登場した。(72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1057文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
アドバンスデザイン
update:19/09/26