日経コンストラクション 2005/05/27号

技術フラッシュ 環境
低温下でも油汚染土を浄化

 大林組は,微生物を使って油類に汚染された土壌を浄化する「温度管理型バイオパイル工法」を開発した。冬季などの低温下でも微生物の分解能力が落ちない。2004年10月から2005年3月にかけて,実際の汚染現場で1200m3の汚染土を浄化する実証試験を実施し,浄化の効果を確認した。 同工法は,現場で掘削した汚染土に,食品素材をベースに開発した特殊な資材を添加するのが特徴。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:481文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
大林組
update:19/09/26