日経コンストラクション 2005/05/27号

欠陥構造物に学ぶ 第34回
●第34回● 橋台の設計
このまま造ると動いてしまう?

橋台を設計することになったA君。事前に橋台の位置で実施したボーリング調査で,厚さが3.2m,N値が0〜3の軟弱な粘土層があることがわかっていた。軟弱な粘土層を含む地盤に橋台背面の盛り土の荷重が加わると,地盤が図の左方向に押し出されて,橋台が動く恐れがある。道路橋示方書では,側方流動と呼ぶこうした現象が起こるかどうかを判定する指標として〓値を定義。(69〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1731文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
update:19/09/26