日経コミュニケーション 2005/06/01号

一刀両断
理想フリーアドレスに問われる 社外とのコミュニケーション手段
編集長  宮嵜  清志

 同社は本社移転を機に,ほぼ全フロアを座席を固定しないフリーアドレスに移行した。社員はどこに座っても構わない。役員も例外ではなく,倉重英樹社長も役員スペース内の机の「どれか」を選んで座る。ガラス張りとはいえ,個室があるのは人事部長と会長だけだ。 フロアも変わっている。配置された机や椅子は形や色も様々。テーマパークの中の広大なレストランといった風景だ。(37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1073文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
ソフトバンクテレコム
update:19/09/26