日経コミュニケーション 2005/06/01号

ニュース・ウォッチング モバイル/ワイヤレス
国内未採用3G携帯サービス 実現に向け技術条件まとまる

 総務省は5月19日,「携帯電話等周波数有効利用方策委員会」の第21回会合を開催。下部組織の作業班が作成した第3世代(3G)携帯電話サービスの技術条件の報告書を承認した。総務省が今後国内での導入を目指す3Gサービスには,2.010G〜2.025GHz帯を利用するTDD(time division duplex)方式と,1.7GHz帯を利用するFDD(frequency division duplex)方式がある。(73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:393文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)*
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/26