日経コミュニケーション 2005/06/01号

ニュースの裏側
「接続料訴訟」に見るユニバーサル・サービスの行方

 KDDIなどが,接続料の認可を巡り総務大臣を訴えた行政訴訟は,5月6日に控訴期限が切れ,判決が確定した。結果は原告全面敗訴ではあるが,判決文中にはユニバーサル・サービスに関して,踏み込んだ記述が見られる点が興味深い。 この裁判において電話会社が総務大臣の認可が違法であると主張した根拠はいくつかあった。(85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:812文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
KDDI
update:19/09/26