日経コンストラクション 2005/06/10号

特集 設計と施工の新たな連携策
3者連携の実例

福島県いわき建設事務所は,同県いわき市の南西部で国道289号荷路夫(にちぶ)2号トンネルの建設を進めている。同トンネルの長さは731m,錦興業・福浜大一建設JV(いずれも本社,福島県いわき市)が,NATM工法で2004年末から掘削を始めた。 約190m掘削が進んだ2005年4月22日,いわき建設事務所は「国道289号荷路夫2号トンネル専門技術委員会事務局」の会議を開いた。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2845文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 設計と施工の新たな連携策(38〜39ページ掲載)
設計と施工の新たな連携策
特集 設計と施工の新たな連携策(40〜43ページ掲載)
施工で見つかる設計の不具合
特集 設計と施工の新たな連携策(44〜47ページ掲載)
3者連携の実例
特集 設計と施工の新たな連携策(48〜53ページ掲載)
設計にない足場の設置を即決
特集 設計と施工の新たな連携策(54〜55ページ掲載)
責任の所在が会議で明確に
特集 設計と施工の新たな連携策(56〜57ページ掲載)
契約結んでコンサルタントに報酬
特集 設計と施工の新たな連携策(58〜61ページ掲載)
これからの役割分担
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26