日経コンストラクション 2005/06/10号

事例研究 後継者たちの闘い
地域ニーズを基に技術導入を促進 本業強化で生き残りを目指す
[技術で差別化]水清建設 (岩手県矢巾町)

 水清(みずせい)建設は1958年の創業以来,自治体などが発注する土木工事をメーンに事業を展開してきた建設会社だ。2001年に実父から経営を引き継いだ水本孝社長(44歳)は,新しい技術を積極的に導入して他社との差別化を図ることで,生き残りの道を模索している。(66〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2214文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
水清建設
update:19/09/26