日経コンストラクション 2005/06/10号

地方から始まる公共事業改革 大阪府
大阪府 [入札・契約業務の一元化] 警察官常駐のセンターが稼働

 2005年4月1日,大阪府の入札契約センターが稼働を開始した。府知事直属の契約局の下に設置された同センターは,府の入札・契約業務の大半を担う。 公共工事関連の業務に限ると,同センターが担当するのは以下の通りだ。まずは,本庁発注の建設工事と建設コンサルタント業務のうち,随意契約を除く入札・契約業務はすべて同センターが担当する。(76〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2138文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/26