日経ドラッグインフォメーション 2005/06号

NEWS
都が全国初の脱法ドラッグで3成分を規制 
麻薬類似の「2C−I」「MBDB」「5−MeO−MIPT」を指定

 東京都は5月25日、全国初の脱法ドラッグ規制である、都条例「東京都薬物の濫用防止に関する条例」(4月1日施行)に基づき、都内で売買されている薬物3成分を「知事指定薬物」として告示した。指定薬物は6月1日から製造、販売、無償譲渡などが禁止され、違反した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金となる。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:366文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/27