日経コミュニケーション 2005/06/15号

特集1 総務省の電波政策に物申す!
周波数が足りない今こそ 総務省の電波政策に物申す!
特集1

「国民共有の資源」である電波の割り当てを一手に司る総務省。800MHz帯携帯電話への新規参入を巡り審査過程の不透明さを指摘されたものの,その後はなぜか鎮静化した。もはや誰も表立って批判できなくなった総務省の電波政策に,本誌は提言する。本当にこのままでいいのか。(20〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13702文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 総務省の電波政策に物申す!(20〜30ページ掲載)
周波数が足りない今こそ 総務省の電波政策に物申す!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 法令・政策(通信・ネットワーク・放送) > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
ビズボードスペシャル > 法令 > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/26