日経コミュニケーション 2005/06/15号

ニュース・ウォッチング モバイル/ワイヤレス
京セラがiBurst公開実験 PC21台が同時に1Mbps

 京セラは6月2日から3日に開催した「iBurstフォーラム」の会場内で公開実験を行った。iBurstとは,TDMA/TDD方式の無線ブロードバンド規格。下り最大1Mビット/秒のデータ通信が可能だ。実験では21台のパソコンで同時にファイルをダウンロードしたが,平均987kビット/秒の通信速度を確保できた。また,700kビット/秒のストリーム動画もなめらかに再生できた。(57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:380文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 無線LAN規格
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN規格
【記事に登場する企業】
京セラ
update:19/09/26