日経コンストラクション 2005/06/24号

ニューズレター
解体中の橋が落ちて列車と接触

 6月9日午後9時30分ごろ,福島県金山町の只見川に架かる上井草(うわいぐさ)橋の鋼製の橋桁が両岸の支承から外れて,右岸側が1mほど落下。逆に左岸側が2〜3m浮き上がった。 橋の右岸側の下を通ったJR只見線の列車と,橋桁の下に防護用に設けていた仮設のH形鋼などが接触。列車の屋根の上にある水タンクや通風口などを破壊した。死傷者はいなかった。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:660文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/26