日経コンストラクション 2005/06/24号

緊急トピックス 談合なき土木営業とは
受注よりも納品後の営業を重視 講習会を技術提案の機会に活用
提案で受注を引き寄せる

 談合をやめたからといって役所への営業活動を縮小するのではなく,逆に積極的に営業しているのが国際航業だ。同社は談合を離脱した結果,公正取引委員会が2001年に大手航空測量会社を排除勧告した際に勧告を免れた実績がある。 2004年3月,同社は「営業行動指針」を作成。成果品を納品した後の取り組みを重視し始めた。(44〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
青木あすなろ建設
国際航業
白石
地球システム科学
update:19/09/26