日経情報ストラテジー 2005/08号

業務改革最前線 ナレッジマネジメント 国分
業務効率5倍で営業力を底上げ
国分 ナレッジ活用の促進ねらって社内ポータル改良

 卸大手の国分(東京・中央)は4月から、営業力の底上げを目指して改革に取り組んでいる。「ワークプレイス」と呼ぶ社内ポータルを構築し、800人いる営業担当者が、顧客企業の販売実績や、提案に必要な資料を短時間で収集できる環境を整えた。 その日訪問する顧客に関連する情報や提案営業に役立つ情報を探して集めるのに、これまでは40〜50分程度かかっていたのを10分に短縮した。(73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1211文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
【記事に登場する企業】
国分グループ本社
update:19/09/24