日経情報ストラテジー 2005/08号

検証!成果出す業務革新 ビフォー・アフタ 味の素
多能工育て40億円削減 工場閉鎖の窮地を脱する
コスト削減で勝つ! 味の素

 生産拠点を人件費の安い海外へ移す国内メーカーが増えるなか、味の素の九州工場も少し前まで存亡の危機に立たされていた。 目前に迫っていた工場の閉鎖を阻止したのは、2001年から始めた生産革新プロジェクトである。改革の柱は、同じ業務をより少ない人数でこなせるようにして生産コストを削減すること。複数の工程を担える多能工を育成し生産要員を縮小。(80〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4895文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
味の素
update:19/09/24