日経コミュニケーション 2005/07/15号

リポート
WANを高速化する機器が発売ラッシュ
遅延を減らしてスループットが“最大10倍”,個人情報保護にも有効

4月から6月にかけ,拠点間通信を高速化する「WAN高速化機器」が相次いで発売された。TCP(transmission control protocol)通信を最適化し,スループットの低下を招くWANの遅延の影響を減らす仕組みを持つ。メール・サーバーなどのアプリケーション処理を一括して高速化する製品もある。 WAN高速化機器が日本で発売ラッシュとなっている(表1)。メーカーの顔ぶれも多彩だ。(59〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3814文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > その他(WANサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > その他(ネットワーク機器・通信端末)
update:19/09/26