日経コミュニケーション 2005/07/15号

20周年記念連載 日本の通信が動いた、あのとき 第3回
NTTのINSネット
中小拠点のデータ通信環境に革命 20周年記念連載 第3回

音声だけでなく,テキストや画像など多様なメディアを扱える次世代の回線として,鳴り物入りで始まったNTTの「INSネット64」。企業の小規模拠点のデータ通信用回線などとして活躍し,今も800万回線の利用者がある。郵政省(現・総務省)との数年にわたる応酬を経た末に誕生した。 1988年4月19日,NTTの真藤恒社長(当時)がサービスの開始を告げるあいさつを東京で行った。(80〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2796文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
【記事に登場する企業】
NTT
update:19/09/26