日経コミュニケーション 2005/07/15号

早わかり講座 身近になる光ネットワーク 7
身近になる光ネットワーク (7) 北米で活発化するPONの導入
萩本 和男 NTT未来ねっと研究所 所長 前田 洋一 NTTアクセスサービスシステム研究所 光アクセスシステムプロジェクト主幹研究員 中塚 的志 NTTアクセスサービスシステム研究所 光アクセスシステムプロジェクト主任研究員

日本は,100万以上ものユーザーに対して光アクセス・サービスを提供しているFTTH先進国です。一方で地域によって格差はありますが,海外でも,欧米や韓国を中心に徐々にPONが広まりつつあります。今回は海外でのPONの導入状況を紹介します。 日本以外の国で,PON(passive optical network)の導入に最も熱心なのは米国です(表1)。(112〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2587文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 光ファイバー関連技術
update:19/09/26