日経NETWORK 2005/08号

速習コマンド・テクニック 第5回:パッチ・ファイルの強化
条件分岐と環境変数を駆使して 複雑な処理をバッチ化する
第5回 バッチ・ファイルの強化

 今号は個別のネットワーク・コマンドの使い方を覚えるのではなく,コマンドを便利に使うためにバッチ・ファイルを活用するテクニックを紹介しよう。 バッチ・ファイルは1行に1個のコマンドを記述しておくと,上から順番に処理されるのが基本動作だ。ただし,特定の条件に合致したときだけコマンドを実行したり,別の処理にジャンプするような条件分岐文を記述することもできる。(112〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5084文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
update:19/09/26