日経NETWORK 2005/08号

通信のある風景 神奈川県横浜市
文明開化の港に常駐する 海底ケーブルの修復作業船
KDDIオーシャンリンク

 島国の日本にとって、国外との通信には衛星か海底ケーブルが欠かせない。とくに高速・大容量のインターネット回線では、海底ケーブルが唯一の選択肢となる。そんな日本と世界をつなぐ命綱ともいえる海底ケーブルを日夜守っている1隻の船がある。横浜港を定宿とする「KDDIオーシャンリンク」である。(187ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:916文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
KDDI
update:19/09/26