日経NETWORK 2005/08号

図解でスッキリ はじめてのTCP/IP用 ふくそう制御
混雑具合を確かめながら 送信レートを調節する
【ふくそう制御】

静岡大学工学部システム工学科助教授。現在の研究分野はモバイル環境のネットワーク・アーキテクチャなど。 ネットワークの混雑によって,ネットワークの通信性能が落ちてしまうことを「ふくそう(輻輳)」と呼びます。ふくそう制御とは,ふくそうが発生しないように,送信側が単位時間当たりに送出するパケット数(送信レート)を調整する技術です。(188〜189ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1575文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
update:19/09/26