日経コンピュータ 2005/07/25号

ニュース&トレンド
正念場迎える電子政府の最適化 一部省庁では“レガシー体質”からの脱却が進まず

政府は6月末までに、電子政府の全体最適化のために重要と位置づけた77の業務とシステムを最適化するための基本方針を決定した。だが、問題の解決を事実上先送りした省庁もある。政府関係者の間では、高コスト体質が温存されるのではとの懸念が出ている。 「これでは、まるで大手ベンダーの言いなりだ」。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1454文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
日本政府
update:19/09/24